フォーマルドレスの選び方

一概にフォーマルドレスと言っても、様々なスタイルがあります。比較的シンプルなものから、非常に個性的なものまで、多様なスタイルの中から、場所と雰囲気ににあったものを選び、着こなすのはなかなか難しいものです。着まわしがきき、場違いにならない様に、とシンプルな形で質のよい素材の黒のドレスといった無難なものを選ぶ人が多いのもよくわかります。結婚式などに行くと、出席者のほとんどが似たような格好をしている、ということもよく見かけられます。

他の人とちょっとした差をつけつつ、場違いにならないようにするには、ちょっとした工夫が必要です。今季の主なコレクションをみても、仰々しいものより、シンプルでカジュアルなドレス、または、カジュアルというよりはちらかと言えば普通の洋服にファーなどをあしらったスタイルが主流な様です。逆にシューズやハンドバックは、今年流行の鋲の入った少しハードなものや、スパンコールや華やかな装飾の入ったものを取り入れ、組み合わせることが多いようです。可愛らしいフラワーモチーフや歩くとキラキラと揺れるスパンコールなどの入ったクラッチバックは、とてもおしゃれなアクセントを与えます。また、一昔前までは、シューズとハンドバックの色を揃えることが主流だった様ですが、最近はだいぶ多様化しています。シューズとバックの色を揃えるより、ドレスと靴、または、バックの色をドレスの色合いに揃えるといった方が主流なようです。

カラフルなドレスを選んだ場合は、その中からの色を主体としたハンドバックやシューズを選ぶほうが多いようです。また、ドレスがモノトーンで非常にシンプルな場合は、前述したようにカラフルなハンドバックやシューズでアクセントをつけるのもとてもよいでしょう。たまに結婚式場などで、いかにも前日にフォーマル売り場で買いました、というようものをとってつけて着ている若い女性も見かけます。普段はとてもおしゃれな着こなしをしているのに、フォーマルな場面となると個性を出せないのはなんだか残念は気がします。せっかくなら、自分のセンスを活かした普段使いの洋服にちょっとアクセントを利かした小物やシューズでエレガント感を出した方がよいのではないでしょうか。また年配の女性などは選択が非常に難しいですが、体型や雰囲気に合わせたものを選ぶことが大切です。身長の高い年配の女性を除いては、スーツスタイルのものがいい場合が多いでしょう。せっかくの、フォーマルシーン自分らしさを生かしたセンスのよいチョイスをしたいものです。

Leave your comment

*