ドレスを選ぶ時の楽しさ

普段なかなかドレスを着る機会などなかなかないのですが、たまにあります。まず一つは、ピアノの発表会に出演する時です。幼い頃から発表会に出演しており、毎回着て発表します。毎年一回ありますので、毎回同じ物を着るわけにもいかなく、安いセールなどで購入して数着用意したり、時には手芸が得意な母親に作ってもらっていますが、なかなか作業時間や手間もかかりますので、度々お願いするのは厳しい状態です。ですが、売っている物とはまた違った、フイット感やこだわったデザインなど注文できるのでかなり助かっています。

自分でも作ってみたいのですが、ピアノの練習に追われているのでなかなか厳しいです。そして、ピアノの発表会以上に着る機会が多いのは、結婚式の時です。今年で30歳ですが、20代後半辺りから結婚ラッシュで、結婚式に出る機会も増えてきました。同級生の結婚式が重なったりすると、写真などにも残るので、毎回同じ物を着るわけにもいかず、こちらもまたセールの時などを狙い、安いドレスを数着手にいれるようにしています。様々な色やデザインなど種類もあり、普段はなかなか着る機会がないものなので、選ぶ際はとても楽しくわくわくします。また、ドレスに合ったアクセサリーや髪型を決めるのも楽しいです。これだけドレスアップすると、とても女子力がアップしたように感じます。お化粧もドレスを着る際はいつもより濃く、とても気合が入ります。

数々の機会で着る私ですが、いつかは自分の結婚式で手作りのオリジナルドレスを着るのが夢です。私の知り合いが、自分の結婚式の為に、ウェディングドレスを作る講座に通い、見事結婚式までに作り上げたと聞き、脱帽しました。裁縫もやった事がなく始めての体験にも関わらず、そこまで成し遂げた知り合いにとても感動しました。私もいつかは、と今から夢見ています。そして、常日頃から裁縫をする機会を設けたいと思いました。私の母が、パッチワークの先生をやっておりとても裁縫が得意なので、今から教わりたいと思っています。私の結婚式の際に作ってほしいと母親にお願いしたのですが、さすがに首を縦には振ってもらえず、自分で作ることに決めました。最近では、通販サイトも充実しているので、そちらで手に入れる方法も考えています。値段も手頃で種類も豊富なので、チャレンジしてみたいと思いました。また、20代の頃と違った、落ち着いたデザインの物が最近は欲しいです。

Leave your comment

*